Objectives of IRIS

IRISの目的

5年間にわたる本プロジェクトは、主に先住民歴史・文化遺産と先住民文化伝統の役割に注目し、どのような要素が国際人間社会における現在と過去の文化的多様性を促進し、維持してきたのかを探ります。

このプロジェクトには、北海道大学アイヌ・先住民研究センターを始め、アジア、オセアニア、ヨーロッパ、北米地域の連携機関が参画しています。我々は、ワークショップ、共同研究活動および積極的な国際研究交流を通して、鍵となる問題の解決を目指します。そして、参加機関間における学術的人材・情報交換および指導システムの新しい基盤を構築し、新世代の研究者育成を行います。

ページ最上部へ